2014/03/29

Veuve Clicquot Spring Couture!


先週末は、伊勢丹新宿店の屋上にて行われた
「ヴーヴ・クリコ」というシャンパンのイベントのお手伝いをさせて頂きました!

ヴーヴ・クリコは、モエ・エ・シャンドンなどの銘柄でもおなじみの
モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトングループの扱っているシャンパーニュメゾン。

さすがルイ・ヴィトングループ! というかんじで、
とってもファッショナブルで、洗練されたイベントでした。
フランス本国からのスタッフの方もいらしていて、皆さんエレガント……


今回のイベントでは、「ヴーヴ・クリコがもしファッションブランドだったら?」というテーマで、マダムグレの貴重なドレスコレクションを特別展示。

わたしは、その9着の展示ドレスに合わせて
来場者の方の似顔絵を描くイラストレーターとして3日間お手伝いをさせて頂きました。


ドレープが美しいドレスをデッサンするだけでも楽しいのに、
お客様とお話しながら似顔絵を描かせてもらえて、
そして「本当にドレスを着てる気分になるわね」と言って
想像以上に、喜んで頂けて。

とてもとても素敵なお仕事をさせて頂けたなと、
幸せな気持ちになりました。


3日目を無事に終えて、
ヴーヴ・クリコのローズ・ラベルで乾杯した瞬間も至福♡
美味しかった!


こちらに、イベントのレポートの様子が掲載されています。
30枚目の写真に私の手元がうつっています^^
http://www.fashion-headline.com/article/2014/03/21/5605.html


2014/03/01

もういちど

随分と更新をほったらかしてしまいました……
2014、初投稿。


年があけ、バタバタと作品講評の〆切りや、テストがあり。
なんとか単位も回収して無事に4年生になれそうです。

そして1月から、多摩美の3年生は就職活動に突入。
私も一応、現3年生のため、新卒のデザイナーとしての就職活動ができる立場にあります。

一年間で作ってきた作品の写真を撮り、
ポートフォリオにまとめてみたり、
面接や説明会の予約をしてみたり。

「就活」は、一度既に経験しているので
また新卒採用のフローを進むのはなんだかデジャヴ、という感じで
不思議なものです。

一度目の就活のときのESや、
説明会のメモが残ったノートを見ていると
たくさん自己分析をしたり、企業研究をしていて、
一生懸命だったんだなぁ……と、何だか同じ自分ではないように思えます。

あのときのようなフレッシュさでは戦えないな。もう。
でも今できるなりの道の切り開き方をしてゆかないとなぁ。


そもそもですね、、、
イラストレーターとしてステップアップしたくて美大に入って、
そこで絵がうまい子たちに圧倒されました。

そして結局、評価がこわくなって
あまり絵を描かなくなってしまった気がする。

逃げ道としてライターの仕事を増やしたり、
イラストじゃなくデザインで仕事をしていこう、と思ったり、
また少し目標がフラフラとしてきてしまっていると、
薄々感じながらも、逃げていた一年だったような。

成長しているように見えて、ただ可能性を色んな方向に浅く広く
広げていただけで、何も深められていなかったような。



ライターのお仕事や、イラストコラムの連載などで
毎日がとても楽しく、
忙しく過ぎていっているのですが、
本当に描きたい絵からは手が遠ざかっているなぁ。

需要があるないとか仕事になるならないとかだけじゃなく、
どうありたいかをもう一度考えて
胸があつくなることをしなくっちゃ。


ずっと創作一本で頑張っている友達の姿を見て
そう思った3月の夜なのでした。