2012/06/28

yama

梅雨の晴れ間、
思い立って山へ行ってきました!

長野県まで日帰りでびゅーんと
長野と群馬の県境にある、荒船山という不思議な山に
登ってきました。



下から見ると断崖絶壁の一枚岩のような山。
最初はきつい坂ですが、登りきると山の上は平になっていて、
静かな森が続いているのです。


お天気もよく、風は涼しく。
素敵な日に行けてよかったな。


行きの電車で聞いていたohanaがぴったりくるお日柄でした。




最近、引き続きアウトドアガールな絵を描いています。

自分の創作とはまた別の雰囲気だけど
こんなテイストでいろいろ描いています。

2012/06/21

June

ろくがつ
台風がやってきた。

翌朝は、
抜けるような青い空。

まだ風は昨夜の名残で
ベランダの洗濯物を勢いよく揺らしている

遠くの海の気配まで連れてくるような風。



窓の外を見ながら
描いては消し 描いては破り

ろくがつの憂鬱



よい線が急に描けるときと 不安で不安でなんにも形にならないとき
あります。

移り気な季節です。




2012/06/14

rainy season

梅雨の晴れ間に
あざやかな色を見つけました



このあじさいに誘われるように石畳の路地を進むと、
奥に築50年は経っていると思われる木造のアパートが隠れていました。



玄関には少し傾いて打ちつけられた「○○荘」という看板。
木枠に曇りガラスの表玄関。赤い郵便受け。
急な勾配の鉄の階段は錆び付いているけど、母屋の木は時代を重ねた
きれいな濃い色でつやつやと光っている。


駅徒歩1分、地元にこんな建物があったとは。
レトロトリップでした。

2012/06/08

yokaze

良いお天気の一日でした。

夜風がとても気持ちよい季節。



窓から、夏のにおい。




2012/06/05

festival

タイコクラブに行ったみんなの写真が
とっても楽しそうだったー!



フェスにいくと、フェスっぽい格好の人がわっさわさといて、
日頃いったい東京のどこに、こんなにアウトドア&エスニックな人々が
生息しているのだろう?と驚きます。

中央線沿線だろうか・・・。



ちなみに、、
この間描いたアウトドアガールは三人に増えて完成しました。

2012/06/02

yokohama

空き家となった横浜のおばあちゃんち。

今年一杯で取り壊すかもしれず、
いま大整理をしています。




縁側に置かれたおばあちゃんのミシン。


アトリエに眠っていた油絵の具たち。





ものを捨てるのが苦手なわたしなので
片付けはほとんど進みません・・・


おばあちゃんちは、アンティークの宝庫でもあるので
真っ白なホウロウの湯沸かしや
タイルのモザイクが貼られた異国情緒あふれる飾り皿、
レトロなパターンのジャガード織のラグなど
心ときめく骨董品たちが次々と掘り出されるのです。


純日本家屋の母屋と
後から増築した光がたっぷり入る二階建てのアトリエがあって、
家自体も、素敵な建物だから壊すのが悲しい。


誰か住みたいという方と出会える方法はないかを、考え中です。